気になるQ&A

Q1.使い始めて、洗い上がりが突っ張るのですが、Never-riが合わないのでしょうか。
Q2.泡立たないのですが。
Q3.フェイスとフェイスリッチは、どちらがいいですか?
Q4.Never-riを使用したあと、化粧水はどれくらいつければいいの?
Q5.ニキビがあるけれども、使えますか?
Q6.目に入るととてもしみるのですが。
Q7.メイク落としもできると書いていますが、本当ですか?

Q1.使い始めて、洗い上がりが突っ張るのですが、Never-riが合わないのでしょうか。

A1
Never-riは、原料はすべて自然のもので作っている、自然派化粧品です。
人工的に作られた化粧品とは違い、補うのではなく、肌本来の力を呼び起こす目的のせっけんです。
自分の力で、潤う治癒力が弱まっている場合、肌のつっぱりやかさつきが気になる場合がありますが、使用とともに、肌の治癒力を回復させるので、気にならなくなる場合はほとんどです。
かゆみや赤み、その他、肌に異常が現れた場合は、ご使用を中止してください。

Q2.泡立たないのですが。

A2
洗顔ネットを使用していただくと、簡単にねばりのある泡を作ることができます。
その他、考えられる理由として、泡立てる手が汚れている場合は、泡立ちにくい場合があります。また、冷水を使用する際も、せっけん内のふのりが水分を吸収できず、水っぽい泡になる場合があります。
泡立ちが悪い場合は、美・洗顔法の泡立てのポイントを再度お読みいただきますようお願い致します。

Q3.フェイスとフェイスリッチは、どちらがいいですか?

A3
Never-ri石鹸は、自然のふのりを使用しています。フェイスとフェイスリッチでは、使用しているふのりの種類はいっしょですが、含まれているふのりの量、大きさが変わってきます。
乾燥肌、油脂肌によってどちらがいいとも言い切れませんが、使用感、洗い上がり、そして何より1週間後の肌の手触りが変わった方が合っているせっけんです。
まずは、フェイスをご利用いただき、そのあとリッチをご利用いただくことで、よりぴったりのせっけんに出会うことができます。

Q4.Never-riを使用したあと、化粧水はどれくらいつければいいの?

A4
Never-riを使用した後のお肌は、より吸収しやすいお肌になっています。
化粧品によって使用量の目安の記載があるものもありますが、出来るだけ手のひらを使い、たっぷり化粧水をお肌に優しく押し込んであげてください。また3回、4回、繰り返しつけてあげることで、より肌の回復力が上がります。
手のぬくもりが、化粧水、美容液の浸透を促進させます。

Q5.ニキビがあるけれども、使えますか?

A5
ニキビでお悩みの方にも、ぜひお使いいただきたいせっけんです。ニキビと一言で言ってもいろんな原因が考えられます。
ストレスや、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの異常などです。Never-riは、せっけんに含まれているふのりが、ピーリング効果があります。また、豊富に含まれているミネラルが、お肌の皮脂分泌の調整、また表皮乾燥を保湿し、ターンオーバーを正常化します。
出来るだけ、こすらないように優しく洗ってあげることにより、ニキビ肌でも優しく正常のお肌に近づけていきます。

Q6.目に入るととてもしみるのですが。

A6
Never-riには、海のミネラルがたくさん含まれているため、そのミネラル成分が粘膜に触れることで、刺激を与えます。それは、海の中で育ってきたふのりの特性でもあります。海の中で、目を開けるととてもしみるのと同じです。
目の周りを洗う際は、出来るだけ優しく洗ってください。

Q7.メイク落としもできると書いていますが、本当ですか?

A7
普段のメイクなら落とせます。泡を立てていただき、肌の上で泡を転がすように、洗ってください。メイク落としも兼ねる場合は、2度洗いをお勧めします。
2度洗っても、必要なお肌のうるおいは残すので、安心ください。
ウォータープルーフのマスカラなどは、落ちにくい場合がありますので、その場合は、専用のリムーバ―等をご利用の上、Never-riをご使用ください。