Never-ri とは?


2、ふのりの特性

ふくろ布海苔は、1年のうち僅か2ヶ月間ほどしか採取できない
プレミアムな海藻。
紅藻スギノリ目の海藻であるふくろ布海苔は、北国の素肌美の秘密として、
100年以上に渡り地元で愛され続けてきた海藻です。

他、地域でも採取されていますが、北三陸のふのりが一番
「ねばり」があり「ミネラル豊富」といわれています。

ふくろ布海苔に含まれているねばり成分《粘質多糖類》は、
皮膚の表面に膜をつくり、肌からの水分の蒸発をおさえると共に、
空気中の水分を抱きこんで皮膚の保水・保護を持続させることができると
考えられています。

青森の研究機関で、海藻石鹸の使用前と使用後の、角質水分量を比較したところ、なんと50:97という約2倍もの水分を肌が保持していることが
わかりました。

さらに、《粘質多糖類》には消炎作用が期待されており、
紫外線による炎症作用の低減やコラーゲン産生促進についての研究も進んでいます。

このねばり成分に含まれている疎水性は皮膚や毛髪にもあり、似た者同士の成分が皮膚や毛髪に吸着。
肌はもちろん、古くから日本では美髪を保つ為に使われていたようです。

ふくろ布海苔は、海岸近くの岩場に育ちます。
北国では、自然の力・海の力で、ふくろ布海苔を育てるため、山奥から岩を海まで一つ一つ運び、ふくろ布海苔のため
「海の畑」を岩で丁寧に作りあげます。

歴史と知恵が作り上げ、海の恵を存分に吸収したふくろ布海苔の力、体感してください。

「海のネバリ」が、みなさんに愛されているワケ。
それは、古くから北国で認められてきた、このふくろ布海苔にあったのです。